数あるメリットデメリットとは

トレーニングで増大する

陰茎トレーニングとは陰茎を増大するためのトレーニングで筋トレにも似たところがあります。

陰茎は下腹部からつながっている筋肉と臀部の方からつながるPC筋という筋肉でできています。

陰茎トレーニングというのはこれらの筋肉を鍛えて、陰茎をそそり立つように巨大化させようというのが目的です。

陰茎トレーニングの具体的な方法は腹筋をしたりスクワットをしたり陰茎を伸ばすトレーニングというものがあります。

上記のようなトレーニングを組み合わせて行うことにより、陰茎をよりいっそう大きくするだけではなく硬くしたり太くしたり、さらに勃起したときのそそり立つようなガチガチ具合を手に入れることができます。

毎日陰茎トレーニングを続けることにより、ジワジワと陰茎のパワーアップを実感できるとおもいます。

陰茎増大マッサージ

陰茎を大きくするためのマッサージがあります。ジェルキングと呼ばれている方法で、ジェルやクリームで陰茎をマッサージして血流を改善して増大する方法です。

陰茎を蒸しタオルなどでまずは温めます。次に陰茎を反勃起状態にしてジェルやローションで根元から亀頭にかけて親指と人差し指で作った輪っかでのばしていくという方法です。

コツとしては根元から亀頭側にスライドするときに血流を亀頭側に向けてまんべんなく行き渡らせるようなイメージを持ちながらスライドさせていくことが肝心です。

陰茎増大クリームを活用する

陰茎を増大するための増大クリームという商品があります。

普通のジェルとは違って陰茎への血流を改善する成分がたくさん配合されていて、普通のローションで陰茎マッサージをするよりも効果が高いといわれています。

増大クリームの効果は塗った瞬間に陰茎がすぐにあたたかくなってきます。

この増大クリームは先ほどの陰茎マッサージと同時にやるとお互いの効果をいかんなく発揮するでしょう。

メンズサプリを飲む

メンズサプリには男の自信に必要なシトルリンやアルギニンがふんだんに配合されています。

特にシトルリンとアルギニンは普段の食生活で摂取することがしにくいといわれているので、メンズサプリなどを使って積極的に取り入れたいものです。

シトルリンとアルギニンをメンズサプリをつかって効率的に吸収することによりいい男で生涯現役でいられるでしょう。

人知れず不安を抱える男性の活力にはメンズサプリを使うことが一番の近道で確実だと思います。

男の活力に外部から刺激を与える

男の自信を大きくしたいのであれば、ペニトレとメンズサプリを同時に使うことがおすすめです。

ペニストレーニングなどの外部の刺激に対して、ペニス成長に必要な栄養素が体内に満たされていれば、みなぎる男の自信につながらないでしょう。

メンズサプリは体内から男の自信を促すものですが、ペニストレーニングは外部から圧力をかけて、細胞を大きくさせるものです。

男の自信効果を高めるためには、ペニストレーニングなどの外部からの刺激と栄養面からのダブルアプローチが大切です。

ミルキングのやり方

ミルキングというのはその名の通り乳搾りのようなものであり、道具などは必要ありませ年。

ミルキングで一番効果を期待できるのは、ペニス全体に血流を促進して、亀頭から竿まですべて大きくしてしまおうというトレーニング手法です。

ミルキングの手順はまずペニスを半勃起状態にします。次に、ペニスを根元から指全体をつかって絞るようにしていきます。

小指から握っていくことにより、ペニスの先端まで血流を行き渡らせることができます。

血流が亀頭まで届くようになることにより、亀頭の成長も期待できますし、カリが高い亀頭になることができます。

亀頭が小さくて悩んでいる人には、この乳搾りの要領で男の自信を大きくしていくミルキングという手法が一番おすすめです。もちろんペニス全体を大きくしたいという人にもお勧めの手法です。

ジェルキングのやり方

ジェルキングというのはローションやジェルなどをつかってペニスの竿部分に圧力をかけていく方法です。

ジェルキングに期待できる効果はペニスを長くしたり、ペニスの血流を促進したりする効果があります。

ジェルキングの手順を解説していきます。まずペニスにローションを塗ります。次にペニスを半勃起状態にします。そしたら次に親指と人差し指で作った輪っかで根元からカリまで絞るようにスライドさせていきます。これの繰り返しです。

ジェルキングというのは増大器具で言うところの真空ポンプに値しますね。ペニスというのは根底部は体の内部にうもれているので、その部分をそとに引っ張り出すイメージでやるといいと思います。

体内に沈んでいる竿の部分を引っ張り出すペニストレーニングがジェルキングです。つまり、ペニスが短くて悩んでいる人にはうってつけといってもいいでしょう。

ジェルキングにもミルキングと同じく血流促進効果を期待できます。

男の自信方法を比較する

男性であれば人生で一度はペニスサイズを大きくしたいとか、平均と比べてどれくらいなのかと気になったことがあると思います。

自分のペニスを定規で長さを測ってみたり、銭湯や温泉などで他人のペニスと比べてしまったりということがある人は多いのではないでしょうか。

自分のペニスに自信があれば問題ありませんが、平均値より何センチも小さかったり、チラ見した他人のペニスより自分のペニスが小さかったりしたら自信をなくしてしまうと思います。女性とのセックスにも消極的になってしまうことと思います。

そしてペニスサイズが小さいと思っても、それをどうやって改善して悩みを克服すればいいのかわかるひとはあまりいないのではないでしょうか。

ペニスの大きさにコンプレックスを抱いている人のために、どうすれば一番効果が高い増大方法を実践できるのかを解説していきたいと思います。

主にあげられるのがメンズサプリ、増大器具、増大手術です。

増大手術のメリットとデメリット

男の自信を大きくしたいけど、手術をしてまで増大したくないというひとはほとんどだと思いますが、実際に増大手術には、どれくらい費用がかかって、どれくらい時間がかかるものなのでしょうか。

増大手術にはどんなメリットやデメリットがあるのか簡単に解説していきたいと思います。

増大手術の内容をおおまかにわけると、陰茎を長くする手術や太くする手術や亀頭だけを大きくするものがあります。

ペニスの基礎部分である人体を手前にひきだして長くしたり、ペニスにヒアルロン酸を注入して太さや亀頭を大きくしたりというものがあります。

増大手術というのは物理的なものなので、確実に増大できるというメリットがあります。

増大手術自体もヒアルロン酸を注入したりするだけなので、すぐ終わることができますし、入院の必要もありません。

上記がメリットになります。次にデメリットですが、手術には保険が適用されませんので費用がとても高くなります。

ヒアルロン酸を注入して亀頭だけを大きくするというものであれば、数万円ですが、メスを入れるようなものだと数十万円かかることもあります。

また、手術後に痛みや腫れがでることもあるので、オナニーやセックスなどの性行為全般ができないというデメリットもあります。

増大手術の最大のデメリットは勃起したときのサイズは増大できないというものがあります。

せっかく手術をして、痛みにも耐えたのに、勃起したサイズが変わらなかった何のために手術をしたのかわかりませんよね。

実際に手術をしようと思っている人は事前にどういうメリットやデメリットがあるのか認識しておきましょう。

増大器具をつかった増大

器具には大別するとポンプタイプと牽引タイプの二つがあります。

ポンプタイプは勃起したペニスに取り付けて、真空状態にして吸引することによりペニス全体に圧力がかかり、海綿体を引き延ばすことができます。

もう一つの牽引タイプはペニスを引っ張って付加をかけることにより、ペニスの竿自体を引き延ばすというものです。

これらのメリットは増大器具を使って直接ペニスに圧力をかけるので増大しやすいというメリットがあります。

実際にペニスが目に見えるくらい大きくなるまでには時間がかかるとおもいますが、途中でなんらかのペニスへの刺激を感じることができれば、モチベーションを維持したまま使い続けられると思います。

ポンプタイプのデメリットとしては、短期間で圧力をかけることになるので、ペニスに過度に負荷をかけてしまうということでしょう。

あとは、毎日30分以上使い続ける必要があるので、どうしても途中でめんどくさくなってしまうでしょう。

牽引タイプのデメリットは装着する時間が長いことです。休憩を挟みながら5時間以上使い続ける必要があります。

睡眠中に増大器具を付けていると外れてしまってペニスを傷つけてしまうこともあるので、睡眠中は使わないことをおすすめします。

つまり、起きているときはほぼすべて増大器具を装着しておくことが大切ということです。他にも安い器具を使うとデメリットがあります。

あまりにも安い増大器具を使うと、ただ痛いだけで効果を発揮していないということもあるので注意しましょう!

メンズサプリのメリットとデメリット

メンズサプリのメリットは飲み続けるだけでいいという手軽さとコスト面が安いということがあります。

メンズサプリや精力剤に入っている成分にはビッグな男になる成分がたくさん配合されています。

科学的に解明されている男の自信のメカニズムから、本当に男の自信をたぎらせる成分をたくさん配合されているのです。

毎日の飲む量を適切にまもってコツコツ続けることができれば、着実に男の悩みをサポートできることでしょう。

商品によっては、GMP工場で製造されているので、原材料や製造工程においても安全性が高いといえるでしょう。